銀行のカードローンは総量規制対象外

キャッシングと聞いてすぐに思い浮かぶのは、プロミスやアコムなどの消費者金融のカードローンではないでしょうか。消費者金融のカードローンは、20歳以上で定期的な収入があればアルバイトやパートでも申し込むことができます。困った時には心強い味方でもありますが、消費者金融から借り入れする場合に気を付けなければいけないのが「総量規制」です。

これは、消費者金融からは年収の3分の1までしか借りることができないという規則で、借り過ぎによって生活が破たんするのを防ぐために法律で定められたものです。複数の消費者金融から借りる場合は、総額で計算されるので、1社から借りても、3社から借りても、借りることができる金額は同じです。

では、年収の3分の1以上のお金が必要となった場合はどうしたらいいのでしょうか。
総量規制は貸金業法によって定められているため、銀行は対象外となっています。つまり、銀行のカードローンなら年収の3分の1にとらわれずに借りることができます。(審査結果によっては、希望通りに借りられない場合もあります。

銀行のカードローンは、消費者金融よりも審査が厳しくなり時間もかかりますが、金利は低めに抑えられています。何かの事情でかなりの金額を借りる必要がある場合は、銀行のカードローンを検討してみてもよいでしょう。