キャッシングとカードローンの具体的な違いとは?

キャッシングとカードローンは同じように使われることも多いので混同してしまいがちですが、キャッシングとはお金を借りる行為全般を指す言葉で、カードローンはその中でキャッシングカードを使った借り入れや返済(はできない場合もあります)が可能なキャッシングサービスのことです。

つまり、キャッシングという大きな枠組みの中にカードローンというサービス形態があると考えてください。キャッシングの中にはカードローンではない契約も多く存在します。

お金を借りる行為にはショッピングローンや車のローンなどもありますが、これらはその商品を購入する為に既にお金を遣ってしまっているのでキャッシングとは呼びません。直接お金を借りた場合のみ、キャッシングと呼んでいます。

カードローンではないキャッシングは、銀行口座への振込で行うことがほとんどです。返済も指定された口座まで振込で行うことが多く、利便性という面ではカードローンにとても及びません。カードローンはコンビニなどの街中に多く設置されているATMから好きな時にキャッシングが行えるのが一番の特徴で、この便利さからキャッシングサービスの大半を占めるまでになりました。

しかし、逆にその気軽さが仇となって頻繁に借りてしまう心配もあるので、利用する際には自分自身で現在の借り入れ残高やそれによる毎月の返済額などをきちんと管理しておくことが大切です。カードローンの返済額は借り入れを行ったタイミングで変更になるので、新たにキャッシングをした時には必ずそれを確認しておきましょう。

世間でもよく言われる文句ですが、キャッシングは計画的に行うことが一番大事なのです。きちんと自分で管理をしながら利用すれば金銭面において強い味方になってくれるのは間違いありません。