カードローンの利用限度額の増額申込み

大手消費者金融の広告などでは、最大500万円の融資が可能などと書かれていますが、誰もがこんな大金を借りられるわけではありません。カードローンに申し込んで審査に通った場合は、利用者それぞれに利用限度額が決められます。初めての申し込みでは、50万円以下に設定されることが多くなっています。希望していた金額よりも低く設定されることもあり、中にはがっかりする人もいるようです。

この利用限度額は一度決まったからといって、ずっと変わらないわけではありません。契約後しばらくたってから増額申込みすることができるのです。

増額申込みの方法は2種類に分かれます。一つは、金融会社の方から電話やメールで増額しませんかという案内があり、それに応じて申し込むもの。もう一つは、利用者自らが増額を希望して申し込むというものです。どちらの場合も審査がありますが、当然ながら、金融会社の方からオファーがあった場合の方が通りやすくなっています。

利用限度額増額の審査では、直近半年ほどの契約で、返済が滞りなく行われていることが一番重要視されるようです。他社での借り入れや返済状況も調査されます。また、契約した後転職し、違う職場に勤めている場合は、収入証明書の提出が求められることもあります。

返済期日を守って、安定した顧客となる見込みがあれば、増額審査に通りやすくなります。初回に設定された利用限度額が低いからといって、がっかりすることはありません。