キャッシングの審査で調べられること

消費者金融会社などの金融機関では、個人向けの融資としてキャッシングが多く利用されており、
様々な申し込み方法が用意されているので、利用がしやすい環境が整っています。

キャッシングを利用するには金融機関に申し込みをする際に
本人確認書類を提出して審査を受ける必要があります。

本人確認書類には免許証など顔写真が入っている書類が一般的に使われ、
キャッシングを利用するのが本人であることを確認されることになります。

また、借りる金額が数十万円や百万円を超える額である場合には、
収入証明書の提出が求められることがあります。

審査では20歳以上であるか、一定収入を得ているかなどの利用条件を確認し、
返済能力の有無を確認しています。

近年では、コンピューターによる審査が行われているので、
短時間で審査が終わって申込者に通知出来る仕組みが出来ています。

審査を通過した申込者は本契約をすることになり、
契約までスムーズに終われば、即日融資を受けることが可能になります。

キャッシングは、確実に返済日に遅れずに返すことが出来るのであれば、
複数の金融機関で融資を受けることが可能です。

それぞれの金融機関で審査を受ける必要がありますが、
大金を融資してもらいたい時には有効な手段です。

審査における在籍確認への対応について

カードローン会社と契約を締結するにあたり、審査の一環として、ほぼどこの会社でも行われるのが会社の「在籍確認」です。これは、カード会社から直接職場に電話があり、本人が申告した会社に在籍しているかどうかの確認をするものです。

おそらくカードローンをする場合、家族にも職場にも知られたくない方が大半だと思いますので、この「在籍確認」はカード会社と契約するにあたり、大きなハードルとなっている方も多いと思います。これを完全に回避することはできませんが、少し和らげることはできます。

①不在でも在籍することが確認さえできれば良いので、出張などでいないときに電話があれば、言い訳もしやすいです。ただし、日時の指定などはできません。だいたい一週間くらいの間に在籍確認が行われるため、海外出張があるときなどに合わせることができれば気が楽になります。

②先方は電話の際、・会社名を名乗らなず名前だけ名乗る ・〇〇銀行の〇〇と申します 等 ある程度こちら側の要望に応えてくれますので、例えば銀行名を名乗ってもらえば、職場の誰かが受け、取り次いでもらったとしても、違和感がないと思います。 

未成年でもカードローンが契約できる日が来る?

先日、2022年春から18歳で成人する法案が成立しました。これにより理論的に18歳に達した者はカードローンを自己責任で契約できることになります。しかし金融機関が現在の規約を改定しない限り、18歳からカードローンを契約できないのです。

なぜならほぼ100%の金融機関が満20歳に達した者しか契約できないとしているからです。ですから18歳になってすぐカードローンを契約できることはないでしょう。ましてや高校生に貸すカードローンもありえないです。

しかし高校を卒業した者が満19歳に達した時に貸すカードローンはあるかもしれません。現在は高校卒業後働いていてもカードローンは契約できませんが、今後は働いている19歳の者は契約できる可能性は十分あるのです。

キャッシングローンサービスは審査が必要となります

消費者金融からキャッシング・ローンのサービスを受けたい時は審査に通らないと融資をしてもらえないため、そこはしっかりと把握しておく必要があり、身分を証明するものとかも使うため、事前に用意しておくようにお願いします。審査はどういったところが重要視されているのかというと、個人情報もありますが家族構成や家族の年収や月収、世帯年収、利用者の職種とか月収及び年収などになっています。

他にも細かな情報が審査の対象となるため、手続きをする時はミスをしていないかどうか確認をしっかりとしながらやっていくのが良いです。次に審査をするにあたって大切な情報は信用情報でもありこれは他のところから借り入れをしているかとかクレジットカードの利用履歴などの情報のことを指しているため、ここも審査の対象になるので覚えておくとよいです。

キャッシング・ローンは目的とかも聞かれたりするため、借りるための理由をしっかりと持っておくようにお願いします。

割賦購入の審査通過が出来ない場合はキャッシング契約は避けるべし!

キャッシング契約は、銀行および消費者金融のどちらも審査を行い、信用状況と返済能力の確認が行われます。しかしながら、大手消費者金融でも審査を通過して契約出来るのは申し込み全体の4割から5割を満たない割合になっています。収入が高くても、過去に金融事故を起こしていれば契約が出来ず、収入が安定していないと見做されれば、審査通過は困難です。

特にカードローン審査を通過出来ない可能性があるケースとして注意したいことは、割賦販売法が適用されるローン購入が過去に出来なかった方です。カードローンといったキャッシング契約に比べ、利用する金額は低く、毎月の支払額も決まっているため計画的な利用になります。しかし、計画性が高いローンを契約出来ない場合は、キャッシング契約が出来る可能性は非常に低くなってしまいます。また、この審査落ちが直近6ヶ月以内にある場合は、さらに不利な状況となります。

ここで注目したいことは、スマートフォンや携帯電話を割賦購入出来ないといったケースでキャッシング契約の可否を判断することがポイントです。これらの割賦購入は、24ヶ月間の分割購入となり、毎月に支払額も低く、総支払額もキャッシングのように増えるといった心配がありません。むしろ、この契約が出来ないという時点では、余程信用が無い状況にあると認識する必要があります。

銀行のカードローンは総量規制対象外

キャッシングと聞いてすぐに思い浮かぶのは、プロミスやアコムなどの消費者金融のカードローンではないでしょうか。消費者金融のカードローンは、20歳以上で定期的な収入があればアルバイトやパートでも申し込むことができます。困った時には心強い味方でもありますが、消費者金融から借り入れする場合に気を付けなければいけないのが「総量規制」です。

これは、消費者金融からは年収の3分の1までしか借りることができないという規則で、借り過ぎによって生活が破たんするのを防ぐために法律で定められたものです。複数の消費者金融から借りる場合は、総額で計算されるので、1社から借りても、3社から借りても、借りることができる金額は同じです。

では、年収の3分の1以上のお金が必要となった場合はどうしたらいいのでしょうか。
総量規制は貸金業法によって定められているため、銀行は対象外となっています。つまり、銀行のカードローンなら年収の3分の1にとらわれずに借りることができます。(審査結果によっては、希望通りに借りられない場合もあります。

銀行のカードローンは、消費者金融よりも審査が厳しくなり時間もかかりますが、金利は低めに抑えられています。何かの事情でかなりの金額を借りる必要がある場合は、銀行のカードローンを検討してみてもよいでしょう。

キャッシングの本人確認について

キャッシングというのは急な出費なお金の必要な時に非常に便利なサービスですが、借入を行うためには審査がありその中でも気になるのは本人確認についてだと思います。まず本人確認についてですが、こちらは書類での確認と在籍確認との二つがあります。

書類における本人確認については、健康保険証・運転免許証・パスポートなどがあり、また借入希望額によっては収入証明が必要となるのであらかじめ準備をしておくのが必要になります。こちらに関しては準備ができれば問題ないのですが、肝心なのは電話による在籍の本人確認についてです。

なにしろ借金をすることですから職場や上司に知られたくないケースもあり、その点もキャッシング会社は細心の注意を払っていることがほとんどです。銀行のローンの場合にはそこまで問題ないのですが、消費者金融の場合にはほとんどのお店が個人名で電話を掛けるようになっており、決して消費者金融の名前は出しません。また本人が電話での確認に出られればまず問題ないのですが、仮に他人が出てしまった場合にもしっかりとした注意が払われるため、気づかれる可能性は相当に低いものとなっています。

このようにキャッシングの本人確認といっても過度に不安がる必要はないですし、もし疑問に思ったら申し込み時に担当の方に相談してみるのもいいでしょう。