じぶん銀行カードローン。

私はポイントサイトの副業を以前やっていたのですが、一昨年の6月ぐらいにそれを通じて、じぶん銀行の普通預金口座を作りました。当時は口座開設によるポイント獲得が目当てだったのですが、不景気で本業の収入が少なく、手軽にキャッシングが出来たらと思い、同じポイントサイトにじぶん銀行のカードローン申請の案件もあったので、すぐに申し込む事に決めました。

ネットでの申し込みを済ませて翌日に担当の方から電話を頂きました。収入的にもしかしたら審査に落ちるかも知れないという不安も正直あったのですが、50万円なら融資が可能ですよという言葉を頂いて、とても安心したのを覚えています。

私は既に口座を持っていたので割と早く審査に通り、融資を受ける事が出来ました。月々の返済も1000円から出来るのでとても楽だったし、またコンビニエンスストアのATMを利用すれば、時間帯を考えれば手数料は無料で引き出せるし、また1000円単位で引き出せるので、少しお金が足りない時に少額の融資を受けるのには本当に便利でした。

私がこのカードローンを申し込んだ主な理由は、クレジットカードでの買い物の分や、他に少しローンの残っていた買い物の返済を1つにまとめる為でした。カードローンを申請したおかげでまたポイントの獲得が出来ました。今でも時々利用させて頂いてます。

銀行のカードローンは総量規制対象外

キャッシングと聞いてすぐに思い浮かぶのは、プロミスやアコムなどの消費者金融のカードローンではないでしょうか。消費者金融のカードローンは、20歳以上で定期的な収入があればアルバイトやパートでも申し込むことができます。困った時には心強い味方でもありますが、消費者金融から借り入れする場合に気を付けなければいけないのが「総量規制」です。

これは、消費者金融からは年収の3分の1までしか借りることができないという規則で、借り過ぎによって生活が破たんするのを防ぐために法律で定められたものです。複数の消費者金融から借りる場合は、総額で計算されるので、1社から借りても、3社から借りても、借りることができる金額は同じです。

では、年収の3分の1以上のお金が必要となった場合はどうしたらいいのでしょうか。
総量規制は貸金業法によって定められているため、銀行は対象外となっています。つまり、銀行のカードローンなら年収の3分の1にとらわれずに借りることができます。(審査結果によっては、希望通りに借りられない場合もあります。

銀行のカードローンは、消費者金融よりも審査が厳しくなり時間もかかりますが、金利は低めに抑えられています。何かの事情でかなりの金額を借りる必要がある場合は、銀行のカードローンを検討してみてもよいでしょう。

わたしのキャッシング返済の失敗談について

仕事のストレスで買い物を沢山してしまったことにより、クレジットカードの毎月の支払いが払えなくなってしまったため、延滞するのが嫌で仕方なくキャッシングを利用することになりました。自分の不注意のため、家族にも相談が出来ず、調べたところ家族にもバレずに利用できるということだったので利用することにしました。

一時的にお金が入るので、クレジットカードの支払いが今月だけ多くなった、という時は大変助かりましたが、クレジットカードの分割やリボ払いを利用していると、その月の支払いは出来るのですが、結局翌月からの月々の支払いがクレジットカードの支払い分と合わせてキャッシングの支払い分が増えるため、それを支払うためにまたキャッシングをして、という風にどんどん負債額が増えていってしまいました。
結婚式が多い時期など、突然の出費が重なる時にはすごく助かりました。

キャッシングを計画的に利用出来る方は利用しても良いかと思いますが、私の様に気付いたら買い物をしてしまうという方はまず、生活習慣を見直し、月々のお金の使用金額を減らして良く検討してから利用するべきだと思います。
私の周りにも自転車操業になり、その後自己破産をしている方もいます。最近CMもよく見ますし、以前より気軽にキャッシング出来る場が増えているかと思いますが、良く考えてからの利用をお勧め致します。

キャッシングの本人確認について

キャッシングというのは急な出費なお金の必要な時に非常に便利なサービスですが、借入を行うためには審査がありその中でも気になるのは本人確認についてだと思います。まず本人確認についてですが、こちらは書類での確認と在籍確認との二つがあります。

書類における本人確認については、健康保険証・運転免許証・パスポートなどがあり、また借入希望額によっては収入証明が必要となるのであらかじめ準備をしておくのが必要になります。こちらに関しては準備ができれば問題ないのですが、肝心なのは電話による在籍の本人確認についてです。

なにしろ借金をすることですから職場や上司に知られたくないケースもあり、その点もキャッシング会社は細心の注意を払っていることがほとんどです。銀行のローンの場合にはそこまで問題ないのですが、消費者金融の場合にはほとんどのお店が個人名で電話を掛けるようになっており、決して消費者金融の名前は出しません。また本人が電話での確認に出られればまず問題ないのですが、仮に他人が出てしまった場合にもしっかりとした注意が払われるため、気づかれる可能性は相当に低いものとなっています。

このようにキャッシングの本人確認といっても過度に不安がる必要はないですし、もし疑問に思ったら申し込み時に担当の方に相談してみるのもいいでしょう。

キャッシングを申し込む際には利息のチェックを!

キャッシングを利用する方にぜひ知っておいて欲しいポイントがあります。
それは「利息」です。
最近では良心的なキャッシング業者も増えたため、多額の利息によって返済が困難になってしまうという状況は減りましたが、
それでもできるだけ利息の安いキャッシング業者を利用することをオススメします。

一括で返済するのであれば利息は関係ありませんが、まとまった金額のキャッシングを受けるとなると利息は重荷になってしまう可能性がでてきます。
また、利息についてもキャッシングを受けた際の金額に応じて計算される場合や、利息が変動するタイプのものなど種類がありますので、
キャッシングを申し込む前にきちんと確認をしておくようにしましょう。

キャッシング業者では返済シュミレーションの機能をホームページにつけている業者も多いので、そこで自身のキャッシング額等を入力して、毎月の返済がどの程度になるのか、申し込む前にチェックしておくと良いでしょう。
返済が滞ると「返済能力無し」として、信用情報機関等に履歴が残ってしまいます。
そうするとローン等も組みづらくなる恐れも。

第一に借りたお金は返すことが前提ですので、キャッシングに申し込む前にきちんと利息等をチェックするようにしましょう。