返済額があまりよくわからないし、計算できないという方に

返済計画を立てたくても、計算ができないからなかなか難しいなと思ってしまう方もいると思います。

そういった方にお勧めなのが、キャッシングの返済早見表や計算してくれる項目があるサイトです。

こういったサイトはあらかじめいくら借り低くら利率があるのかということを計算してあったり、項目を入力することによって

計算が簡単にできるようになっています。

これらを利用することによって、素人の人であっても者そぐ億お金が返済できる期間や返済すべき額というのがわかるようになっていますから、

キャッシングをする前であっても事前に余裕をもって計算ができるようになるわけです。

返済前には、こういった計算のできるサイトを積極的に利用しましょう。

割賦購入の審査通過が出来ない場合はキャッシング契約は避けるべし!

キャッシング契約は、銀行および消費者金融のどちらも審査を行い、信用状況と返済能力の確認が行われます。しかしながら、大手消費者金融でも審査を通過して契約出来るのは申し込み全体の4割から5割を満たない割合になっています。収入が高くても、過去に金融事故を起こしていれば契約が出来ず、収入が安定していないと見做されれば、審査通過は困難です。

特にカードローン審査を通過出来ない可能性があるケースとして注意したいことは、割賦販売法が適用されるローン購入が過去に出来なかった方です。カードローンといったキャッシング契約に比べ、利用する金額は低く、毎月の支払額も決まっているため計画的な利用になります。しかし、計画性が高いローンを契約出来ない場合は、キャッシング契約が出来る可能性は非常に低くなってしまいます。また、この審査落ちが直近6ヶ月以内にある場合は、さらに不利な状況となります。

ここで注目したいことは、スマートフォンや携帯電話を割賦購入出来ないといったケースでキャッシング契約の可否を判断することがポイントです。これらの割賦購入は、24ヶ月間の分割購入となり、毎月に支払額も低く、総支払額もキャッシングのように増えるといった心配がありません。むしろ、この契約が出来ないという時点では、余程信用が無い状況にあると認識する必要があります。

大手銀行、地方銀行、ネット銀行のカードローンの申込方法の特徴

銀行カードローンは大手銀行、地方銀行、ネット銀行などがありますが、申し込みをする時に方法が異なるので注意する必要があります。そこでそれぞれの申込方法の特徴を見ていく事にしましょう。

・大手銀行と地方銀行が来店が必要

大手銀行と地方銀行のカードローンの申し込みをする時はネットでも可能ですが、契約手続きをするまでに来店をする必要があります。大手銀行は全国各地に店舗を構えているので探しやすいですが、地方銀行は店舗数が限られているのでカードローンの申し込みをする時に不便に感じてしまう事もあります。特に地方銀行のカードローンを利用する時は申し込みをする前にしっかり確認しておきましょう。

・ネット銀行がネットで申し込みが完結

ネット銀行は店舗や契約機などが設置されていないのでカードローンの申し込みはネットのみとなっています。それでネット環境を整えておく必要がありますが、大手銀行や地方銀行のように来店しなくていい点がメリットになります。利便性の高さを重視する時はネット銀行のカードローンを利用した方がいいです。

大手銀行、地方銀行、ネット銀行のカードローンの申込方法の特徴はこのようにあるので自分の適しているカードローンを利用してみるといいでしょう。