Qpaという変わったキャッシング業者

Qpaというキャッシング業者は、通常のキャッシング業者とはちょっとかわっていて、

企業の売掛金を担保としてお金を貸してくれるというちょっと変わったサービスをやっています。

企業の売掛金を担保にかなり高額の融資をしてくれることが可能であり、下は数十万円から、上は1億円以上と

幅広い融資金額をカバーしているため、お金を借りる目的に合わせて柔軟に対応が聞きます。

しかも、このような特殊なものでありながらも、最短で即日融資をしてくれるというものですから、急な資金調達が必要になったときでも

かなりうれしいところがあるというわけです。

金融機関の信用情報も利用しているわけではありません。キャッシングのような借入というようなものではありませんので、信用情報に載らないようになっているのです。

取引先の企業にも知られることはありませんので、事業が怪しいのではないかというようなことを思われることなく安心してお金をかりることが出来ます。

さらには、保証人不要で赤字経営であっても利用できる可能性はあります。

個人事業主や新規事業を始めた人でも利用が可能ですから、資金繰りに困っていて売掛金があるときには

とても心強い味方になると思います。

借り換えタイミングはお金の流れが落ち着いた時

いくつか利用しているキャッシングは、借り換えを行うことですっきりさせることができる場合が多いです。プランが分かりやすいものや、返済が楽になるケースもあるでしょう。ですがこうした借り換えもタイミングが悪いと逆効果になってしまうことがあります。

特に年末年始のお金の流れが多いような時は一つ一つの細かいお金の出費が把握できないことも多く、またいつもは忘れないような支払いもうっかり忘れてしまうようなこともあります。ですからタイミングとしてはあまりお金の流れが多くない年明けなどにしましょう。年明けはちょうど年間に使うお金を把握しておくにも良い時期ですから、借り換えにも良いタイミングだという事ができるでしょう。

総量規制対象外とはどういうこと?

キャッシングを行う上で、総量規制と言う言葉を耳にした事はありませんでしょうか?キャッシングを行うにあたり、この言葉は必ず1度は耳にすることと思います。総量規制とは消費者金融や銀行などと言った貸金業者などにおいて、年収の3分の1しか融資をしてはならないと言う決め事の法律のことです。つまり年収300万円の人は、年収の3分の1である100万円しか借りられないと言うことになります。

しかしながら年収の3分の1以上の借り入れを行おうとする際に、返済の可能性や返済の能力があると貸金業者にみなされた場合にはその限りではなくなります。このことを総量規制対象外と言います。キャッシングを行う際に自分の年収の3分の1以上の借り入れを行いたいと思った際には、総量規制対象外が適用となる消費者金融や銀行から借り入れを行うことが好ましいでしょう。

審査における在籍確認への対応について

カードローン会社と契約を締結するにあたり、審査の一環として、ほぼどこの会社でも行われるのが会社の「在籍確認」です。これは、カード会社から直接職場に電話があり、本人が申告した会社に在籍しているかどうかの確認をするものです。

おそらくカードローンをする場合、家族にも職場にも知られたくない方が大半だと思いますので、この「在籍確認」はカード会社と契約するにあたり、大きなハードルとなっている方も多いと思います。これを完全に回避することはできませんが、少し和らげることはできます。

①不在でも在籍することが確認さえできれば良いので、出張などでいないときに電話があれば、言い訳もしやすいです。ただし、日時の指定などはできません。だいたい一週間くらいの間に在籍確認が行われるため、海外出張があるときなどに合わせることができれば気が楽になります。

②先方は電話の際、・会社名を名乗らなず名前だけ名乗る ・〇〇銀行の〇〇と申します 等 ある程度こちら側の要望に応えてくれますので、例えば銀行名を名乗ってもらえば、職場の誰かが受け、取り次いでもらったとしても、違和感がないと思います。